オムニチャネル

オムニチャネル戦略にはどんなシステム・チャネルとも繋がる
柔軟なECプラットフォームが必要です。

  • スマートフォンの急激な普及

    スマートフォンの普及により顧客が実店舗・WEB店舗のチャネルを超えて行動するのがあたりまえの時代

    スマートフォンの急激な普及
  • 顧客行動はすでにオムニ化

    オムニ化した顧客行動の視点にあわせた戦略を競合他社より早く導入すべきです

    顧客行動はすでにオムニ化

オムニチャネル導入への課題を解決

  • 市場が成熟し競合もいる中さらに売上げを伸ばす方法はないだろうか?
  • 導入している基幹システムがレガシーなのでオムニチャネルは無理だ。
  • 複数の基幹システムと連携できるシステムを導入したい。

オムニチャネルに必要なのは、柔軟なECプラットフォーム。
ebisumartは各システムと柔軟に、簡単に、すぐに連携可能。

クラウドコマースソリューション『ebisumart』は連携がスムーズ

クラウドコマースソリューション『ebisumart』は連携がスムーズ

お客様の環境にあわせたフルカスタマイズサービス

クラウドコマースソリューション『ebisumart』は開発済みの多彩な機能の組み合わせ、再利用によりローコスト・安心・スピーディー統合ECプラットフォームの実現が可能です
高度なカスタマイズでもご依頼いただければ、実現できます。

あらゆるシステムと連携実績があるebisumart

オムニチャネル導入にはシステム連携が必要です。

  • 基幹システム連携

    顧客、商品、在庫、経理データ等の各基幹システムと連携します。リアルタイムで連携、バッチ処理連携可能です。

  • 物流管理システム連携

    既存の出荷管理システムとのリアルタイム連携、及び、出荷管理システム自体をECシステムに統合した形でご提供可能。

  • POSシステム連携

    各実店舗のPOSレジと連携することにより、リアルタイムで、ECと共通化されたポイントの加算・管理・利用が可能です。

  • コールセンター連携

    コールセンターのオペレータ用の画面を同一システムでご提供することが可能です。業務効率化のための受注データ統合を実現します。

  • モール管理システム連携

    既存の受注・在庫一元管理システムとの自動連携が可能です。同システムとの連携により、モールとの在庫・受注一元化を実現します。

  • ソーシャル連携

    TwitterやFacebookなどのSNSとのシームレスな連動を実現します。
    SNS側での囲い込み効果を余すことなくコンバージョンにつなげることができます。

オムニチャネルの導入事例

株式会社 伊東屋様

伊東屋様独自の「メルシーカードポイント」とその会員情報をEC基盤に統合し、実店舗とオンラインストアでシームレスなサービスを提供しています。
さらに、実店舗での新たな買い方を実現するために、スマートフォンアプリとの連携(会員認証,EC決済)を実現しています。

株式会社caramo様

銀座東急プラザに出店したECサイト発の実店舗「藤巻百貨店」様のオムニチャネル事例です。 クラウド型のPOSレジと会員向けスマートフォンアプリとebisumartが連携しました。ポイント情報と会員情報を連携しています。

ページトップへ戻る