CLOSE

ECサイト構築・リニューアル

ECサイト
構築・リニューアル

構築•リニューアルの課題は、「システムが古くなった」「サイトの売上増加に伴い、運用の負荷が増えてきた」
「データ連携、一元管理を考慮した時に各システム間に不具合が生じた」など様々ですが、
ebisumartなら課題を解決します。

CHAPTER 01

クラウド環境でECサイト構築・リニューアルするメリット

クラウド環境でECサイト構築・リニューアルをするメリットには、
「中・長期的なシステム投資が安く済む」こと、「最新のトレンド機能が追加コスト無しで使える」ことです。

  1. MERIT 01

    中・長期的なシステム投資が安く済む

    中・長期的な
    システム投資が安く済む

    フルスクラッチやECパッケージだと、3~5年もすればシステムが古くなるため、ECシステムの再導入を検討しなくてはなりませんが、クラウドECは、自動アップデートでシステムが絶えず更新されるため、二度とシステムリニューアルが発生しません。そのため中・長期的なシステム投資費用が抑えられます。

  2. MERIT 02
    最新のトレンドの機能が追加コスト無しで使える

    最新のトレンドの機能が
    追加コスト無しで使える

    例えば2012年にトレンドになったスマートフォン対応など、追加開発を行う必要がある場合も、クラウドECであれば、最新のトレンドに対して自動アップデートにより、新たに追加開発する必要がありません。

    ※ オプション機能により費用が発生する場合があります。

CHAPTER 02

無駄のない投資にしたい

ECシステムをフルスクラッチやパッケージで構築すると、3~5年でシステムは陳腐化してしまい、再びシステムリニューアルをするとコストや人的負担が大きくなります。また「スマートフォン対応」などの時流に合わせた開発も、都度システム開発が必要になります。

ASPでECサイトを構築すれば、初期費用や月額費用を抑えることができますが、ECサイトの成長にあわせた、システム連携やカスタマイズが行えないため、拡張性の高いECサイトのリニューアルを検討する必要があり、費用を低く抑えたつもりが、中・長期的には無駄な投資になってしまいます。

ebisumart なら解決できます

システム連携やカスタマイズの自由度が高く、
常に最新のクラウドECなら費用を抑えられます

  1. 1 最新の状態で利用し続ける事ができるから

    最新の状態で
    利用し続ける事ができるから

    クラウド環境のebisumartは常にシステムは自動アップデートされるのでいつでも最新状態でご利用できます。さらに、インフラ環境も随時最新の状態にアップデートされるため、インフラ整備の費用もかかりません。

  2. 2 拡張性があるから

    拡張性があるから

    ebisumartは導入後でも、自社システムや外部システムなど、あらゆるシステムと連携し、お客様独自の運用フローを構築する事が可能なため、一度導入してしまえば乗り換える費用がかかりません。

CHAPTER 03

不具合を減らしたい

フルスクラッチで構築したシステムが古くなり、システム連携するたびに不具合が起きてしまう…。

例)フルスクラッチで構築した場合、「Google ChromeなどのWEBブラウザへの対応は、新しいバージョンが出る度に個別に対応が必要」「配送会社の運送時間帯の変化や、決済サービスの仕様が変更された場合個別に対応が必要」

など、アップデートが常に必要になり、不具合が起きる場合があります。

ebisumart なら解決できます

ebisumartは「いつも最新」「常に最適な」状態に自動アップデートされます

ebisumartの年間アップデート数は、190回。
標準機能が毎週無料でアップデートされるため、システムが陳腐化しません。追加開発などせずに常に最新ブラウザでサイトを利用できます。

また、配送会社や決済サービスなどのEC事業者に関わる大幅な変更にも随時対応するため、安心してご利用いただけます。

自動アップデートで常に最新ブラウザで利用できることを表す図

CHAPTER 04

SEO対策をしたい

ECシステムの縛りがありSEO施策が自由に行えなかったり、自社ECサイトとワードプレスの連携が出来ない。

ebisumart なら解決できます

ebisumartなら、各ページに適切なSEO対策をしながら、
リニューアルすることができます

ebisumartには、SEOに関する基本的な情報を登録する機能が標準装備されています。また、HTML、CSSを自由に組むことも可能なのでシステム的な縛りが無く各ページに適切なSEO対策を施したページを作成することが可能です。
またSEO施策の一環としてWordpressとの連携しコンテンツマーケティングの展開も可能です。

SEO対策が可能であることを表す図

CHAPTER 05

スマホ対応したい

Googleが、モバイルファーストインデックス(MFI)を発表しスマホ対応が重要課題になっています。
モバイルファーストインデックスにあわせスマートフォン対応の出来るサイトを構築したいという要望が増えています。

ebisumart なら解決できます

ebisumartはスマートフォンサイトを様々な構築方法で作成できます

お客様のマーケティング活動に合わせてebisumartでは様々な構築方法でスマートフォンサイトを構築する事が可能です。
レスポンシブ対応でのスマートフォンサイト構築はもちろん、スマートフォン用のページを別途作成し画像サイズ等を適切に調整し直すことも可能です。

スマートフォンに合わせたページを構築できることを表す図

お問い合わせお問い合わせ

私たちが課題を解決させていただきます

お問い合わせ

資料請求資料請求

資料のご請求はこちらから

資料請求